仕組みを理解する

大学システムと言われるモノがあります。この大学システムは、大学生活を快適にすることができるシステムであり、現在多くの学校が導入しています。そのため、大学システムについて把握することは大事です。

この記事の続きを読む

料理の注文

オーダーシステムというのがあります。このオーダーシステムを利用してタブレット端末を利用することで料理の注文を行なうことができます。そのため、多くの人が愛用している傾向があります。

この記事の続きを読む

テクノロジー

現在の医療データ

現在では、医療機関でもデータ化が進んでいます。そのため、電子カルテというモノが登場しています。電子カルテとは従来の紙のカルテを電子化させたモノになるため利用がしやすくなったモノです。

この記事の続きを読む

生活の補助

私達の日常生活の中には、様々なIT分野の技術が関連性を持ち、そして日常生活の中の色々な補佐や補助の役割を持って、生活を豊かにしてきました。高速道路などのカード認証や、レジのカード決済など、それは色々です。そして今回の記事の題材である「レセコン」とは何を指すかと言うと「レセプトコンピュータ」の略称になります。これは医療分野において用いられる医療用決済・データ処理・患者情報管理のITシステムの事を指します。もっと大雑把に言うと医療分野用ITと別の言い方が出来ます。これは現代の日本でも多くの、内科や外科を問わない医療病院にて設置されているシステムであり、現代ではなくてはならないモノの1つにもなりました。

レセコンの必要性が高いのは、そのデータ処理が簡易化できる事による窓口受付事務の看護師や病院職員の労働量を減らし、患者に応対できる時間を増やせるメリットがあるのと、他にも日本の国民健康保険などのシステムに対して対応できる制度設計の重要性が高いからこその利点がある為と言われています。レセコンならば、日本用の国民健康保険や社会保険などの医療決済のデータの管理と簡易化を行いやすく、何よりどの患者のどの保険証かの照会を、専用のレセコンネットの管理下の調査を行い、その保険証の期限が切れているか否かの把握も正確に行えるようになるなどのメリットがある訳です。そして何より医療分野とは、毎日患者の来院が多く、その来院者数を捌ききらなくてはならない為、効率化が急がれる分野でもある為、日夜発展を繰り返す分野が「レセコン」であるとも言えます。